排水設備関連事業

排水設備工事責任技術者共通試験業務

宅地内の下水(汚水・雨水)を公共下水道へ流すための排水管及びます等を排水設備といいます。排水設備の工事は各市町村の条例等により、公共下水道管理者が指定した工事店が行わなければならないと定められており(指定工事店制度)、工事店としての指定を受けるための要件のひとつとして排水設備工事責任技術者の専属があります。
この排水設備工事責任技術者になるためには、各県の下水道協会又は下水道公社等が実施する資格試験に合格しなければなりません。
当社では、平成10年度より日本下水道協会東京都支部から試験業務を受託し、その運営にあたっており、平成22年度より神奈川県及び埼玉県にも業務を拡大し、平成28年度は1都3件で実施しています。業務内容は、資格試験案内、受験者からの様々な問合せ対応、試験の実施、合格証等の発送を行っています。
また、試験関連業務として平成28年度は1都10県に試験前講習会の講師派遣を行っております。講習内容は、各団体の事務局との綿密な事前打ち合わせを行い実施しています。

排水設備工事責任技術者資格更新講習業務

排水設備工事責任技術者の資格を維持するには一般的に5年ごとに更新講習を受けることが義務付けられています。当社では、平成13年度より、日本下水道協会東京都支部から更新講習業務を受託し、その運営にあたっています。平成22年度より神奈川県及び埼玉県にも業務を拡大し、平成28年度は1都2県で業務を実施しています。業務内容は、更新講習案内、受講者からの様々な問合せ対応、講習会の実施、更新講習受講者への資格者証の発送等を行っています。
また、更新講習関連業務として平成28年度は15県に更新講習会の講師派遣を行っております。講習内容は、各団体の事務局との綿密な事前打ち合わせにより、各団体の要望を取り入れた内容としています。
お問い合わせ先
管路部土木技術課排水設備試験業務 講習会担当
〒100-0004 千代田区大手町2-6-2
TEL.03-3241-0764 FAX.03-3241-0710
各種インデックスメニュー
  • お客さまサービスを 最前線で支えています
  • 処理施設の運転・管理を 支えています
  • 環境負荷低減に 貢献しています
  • 再構築・改良事業を 支えています
  • 下水道の 未来を築きます
  • 世界の水環境改善に 寄与します