光ファイバーネットワーク管理事業

下水道光ファイバーを支える《蔵前事業所》

下水道管渠内に張り巡らされた光ファイバーネットワークは現在、情報ネットワーク・遠方監視制御・電気通信事業者への心線貸し等に使用されています。
設備の増加・高度化に伴い、下水道光ファイバーネットワークの重要度は年々増加しています。

主な業務内容

下水道光ファイバーネットワークは総延長の増加、敷設から年数が経過したことに伴う老朽化、などの理由により、保守管理が重要になってきています。
蔵前事業所では、下水道管渠に敷設された光ファイバーの保守管理を通じて下水道サービスの向上に努めています。

蔵前事業所では、24時間体制で光ファイバーネットワークを監視し、障害時の迅速な対応に努めています。
監視装置にはファイバーが断線していないかを監視する「心線監視装置」と、ネットワークが正常に機能しているかを監視する「ネットワーク管理装置」があります。

下水道施設点検
蔵前事業所が心線監視・ネットワーク管理装置を用いて24時間体制で監視し障害に対して迅速な対応を図っています。
各種インデックスメニュー
  • お客さまサービスを 最前線で支えています
  • 処理施設の運転・管理を 支えています
  • 環境負荷低減に 貢献しています
  • 再構築・改良事業を 支えています
  • 下水道の 未来を築きます
  • 世界の水環境改善に 寄与します