技術開発事業

更生管マンホール接続部耐震化工法(耐震一発くん®

内容

本工法は、更生管とマンホールの接続部に、レベル2地震動による抜出し、突出し、屈曲等に対する耐震性能を確保させるために、更生前にマンホール接続部をフレキシブルな構造に改造する非開削の耐震化工法です。
専用の切削機によりマンホール壁厚内の既設管を地山に貫通させることなく切削除去し、弾性と水密性を有した耐震ゴムリングを設置し、周囲空隙部に弾性湿潤エポキシ樹脂を充填し、マンホール壁内に固定します。
上下流のマンホール接続部に本工法を施工した後、更生管を構築することにより、更生管とマンホール接続部の耐震化を可能とします。
適用管径:内径250㎜~800㎜未満

特徴
耐震一発くん耐震性能
更生種別 変位量
抜出し変位 突出し変位
自立管 抜出し量100mm
屈曲角  5°
突出し量40mm
屈曲角  1°
複合管 抜出し量40mm
屈曲角  1°
突出し量40mm
屈曲角  1°

耐震ゴムリング(内径250㎜~400㎜)

耐震ゴムリング(内径450㎜~800㎜未満)

工法概要図(内径250㎜~400㎜)

工法概要図(内径450㎜~800㎜未満)
仕様
適用管径 内径250㎜~800㎜未満
実績
平成21年度より事業化を開始し、平成27年度末までに国内累計4,807箇所(平成27年度:1,228箇所)の人孔にて施工しています。
お問い合わせ先
技術部 土木技術開発担当
TEL.03-3241-0960
各種インデックスメニュー
  • お客さまサービスを 最前線で支えています
  • 処理施設の運転・管理を 支えています
  • 環境負荷低減に 貢献しています
  • 再構築・改良事業を 支えています
  • 下水道の 未来を築きます
  • 世界の水環境改善に 寄与します