技術開発事業

足掛金物自動取替装置

内容

本技術は、マンホール内の脆弱・脱落している足掛金物を地上より自動的に安全かつ確実・効果的に取り替えることができる施工装置システムです。本装置は、足掛金物を設置するためのマンホール側壁部におけるドリル削孔から、金物本体の設置・固定を自動で確実に行います。

足掛金物自動取替装置


標準機:深さ10mまで対応可能

小型機:深さ3mまで対応可能


マンホール内施工状況

施工後

特徴
操作方法 地上からカメラで施工部を確認しながら作業を行うことができる。
自動装着 打ち込みピンによるオールアンカー方式の定着に加え、止水効果を高めるための接着剤を用いている。
安全性 施工後すぐの昇降が可能、確実な定着強度の確保、作業員が極力マンホール内に入ることなく施工が可能
仕様
対象人孔 内径90~150mm(標準機)、内径90~120mm(小型機)
対応可能深さ 深さ10mまで対応可能(標準機)、深さ3mまで対応可能(小型機)
施工ピッチ 300mmを基準とする
削孔深さ φ20.5mmのドリルで削孔し、深さは約45mm
実績

平成27年度末までに、国内累計116,753本(平成27年度:7,997本)の施工実績があります。

お問い合わせ先
技術部 土木技術開発担当
TEL.03-3241-0960
SR研究会事務局
TEL.03-3433-4117
各種インデックスメニュー
  • お客さまサービスを 最前線で支えています
  • 処理施設の運転・管理を 支えています
  • 環境負荷低減に 貢献しています
  • 再構築・改良事業を 支えています
  • 下水道の 未来を築きます
  • 世界の水環境改善に 寄与します