技術開発事業

粒度調整灰(スーパーアッシュ)

内容
粒度調整灰は、下水汚泥の焼却灰を分級(ふるい分け)・粉砕処理により、粒径を調整したものです。焼却灰の物理的な特性が改善され、セメントなどに対しての反応性が改善されます。主な用途は、セメントミルク、ベントナイト製品の原材料、コンクリート混和材などの土木用資材です。

粒度調整灰の製造フロー


粒度調整灰の製造施設

ヒューム管(粒度調整灰の利用)


粒度調整灰
特徴

下水汚泥焼却灰には、セメントとの水和反応において、長期的な固化強度を増大させる可溶化シリカ(二酸化珪素)が多量に含まれております。これを粒度調整し、さらに反応性を増加させることによって、従来の焼却灰と比べて強度が増大する特徴を有しています。

使用例

ヒューム管

組立マンホール

ボックスカルバート

セグメント

パイル

 
実績
平成27年度末までに、累計11,154t(平成27年度:1,625t)を製造しています。また、粒度調整灰を活用したコンクリート二次製品については、主に東京都内で利用されています。
お問い合わせ先
技術部 土木技術開発担当
TEL.03-3241-0960
コンクリート二次製品に関するお問い合わせ先
エココンクリート製品協会事務局

東京都港区新橋5-33-11日本ヒューム株式会社内
TEL.03-3433-4121
各種インデックスメニュー
  • お客さまサービスを 最前線で支えています
  • 処理施設の運転・管理を 支えています
  • 環境負荷低減に 貢献しています
  • 再構築・改良事業を 支えています
  • 下水道の 未来を築きます
  • 世界の水環境改善に 寄与します