技術開発事業

下水道管路内の圧力開放装置

内容
頻発する集中豪雨時には急激に管路内水位が上昇し、これにともない管路内圧力の高まりを招いています。この結果、マンホールの蓋の浮上・飛散、あるいは、マンホール蓋周辺の舗装の持ち上がり・損壊現象等を引き起こしています。本装置は、既設マンホール蓋・受枠を撤去し、本装置(専川蓋・受枠有)に置き換えるだけで優れた排気性能を発揮し、諸現象の発生頻度、並びに、現象による影響の著しい低下が期待できます。
特徴
①排気口の開口面積が1,785cm2と大きく、管路内の圧力を効率よく開放します。
②普段は弁が閉じており密閉性も高く、管路内からの騒音・悪臭を防ぎます。
③清掃も地上から水で洗う程度ででき、装置のメンテナンスも簡単です。
④本装置はマンホール上部に簡単に設置できる構造となっており、短時間の施工が可能です。

飛散防止対策の性能比較(人孔内径60cm)

種別 排気口面接
(cm2)
吸気口面接
(cm2)
開口面積率
(%)※
維持管理の
容易性
部材費
GLV型 512 256 18.1
飛散防止鉄砕 609 609 21.5
新装置 1,785 892 63.2
排気口(塔) 100.0

※開口面積率=空気排気口面積/人孔口面積

施工例

お問い合わせ先
管路部 管路第三課
TEL.03-3241-0723
日本ヒューム株式会社
TEL.03-3433-4117
各種インデックスメニュー
  • お客さまサービスを 最前線で支えています
  • 処理施設の運転・管理を 支えています
  • 環境負荷低減に 貢献しています
  • 再構築・改良事業を 支えています
  • 下水道の 未来を築きます
  • 世界の水環境改善に 寄与します