技術開発事業

ミラー方式テレビカメラ調査機

内容

テレビカメラの先端に配置された特殊な曲面ミラー(主鏡と副鏡)と主鏡の背後に設置したカメラにより構成したテレビカメラ調査機です。下水道管路内を直進するだけで、管内壁面全体(360度)の詳細な映像を取得できます。これにより、管路内の状況がより詳細に把握でき補修箇所等の発見に効果を発揮します。また、管渠内展開図化システムと連携して、管渠の更生・維持管理に活用できます。




従来レンズ画像

パノラマセンサー画像
特徴

本調査機のカメラヘッドは、対向配置された主鏡と副鏡の2枚の特殊な曲面ミラーと主鏡の背後に設置されたカメラによって構成しており、壁面からの入射光が、主鏡、副鏡に反射し、主鏡の開口部を通過してカメラのレンズに入射する仕組みとなっています。また、副鏡に穴をあけ、カメラ前方の直視画像も取り込み管内全壁面の映像を映し出す構造としています。


ミラー方式テレビカメラの断面図

ミラー方式テレビカメラの撮影範囲
仕様
適用管渠150~800mm未満(台車使用)
実績
平成27年度末までのカメラ販売台数は、累計36台です。
お問い合わせ先
技術部 土木技術開発担当
TEL.03-3241-0960
東芝テリー株式会社
TEL.042-589-7377
各種インデックスメニュー
  • お客さまサービスを 最前線で支えています
  • 処理施設の運転・管理を 支えています
  • 環境負荷低減に 貢献しています
  • 再構築・改良事業を 支えています
  • 下水道の 未来を築きます
  • 世界の水環境改善に 寄与します