技術開発事業

大口径既設管耐震化工法

内容

大口径(口径800mm~1200mm)既設下水道管と既設人孔との接続部の耐震化に対応できる技術開発です。平成23年度、下水道局とノウハウ+フィールド提供型共同研究をTGS、日本ヒューム㈱、㈱コンセック、日本工営㈱の4者で実施。平成24年10月切削方式(ACサーボ方式)を改良、平成25年に実証工事を実施し、工法の実用化を進めてきました。

本技術は、日本ヒューム(株)(株)コンセック日本工営(株)との共同開発です。

東京都下水道局との共同研究の実施状況について

平成23年7月12日:平成23年度第二回技術管理委員会
大口径既設管耐震化工法の開発(共同研究の研究成果)
お問い合わせ先
技術部 土木技術開発担当
TEL.03-3241-0960
各種インデックスメニュー
  • お客さまサービスを 最前線で支えています
  • 処理施設の運転・管理を 支えています
  • 環境負荷低減に 貢献しています
  • 再構築・改良事業を 支えています
  • 下水道の 未来を築きます
  • 世界の水環境改善に 寄与します