技術開発事業

内副管(スマートキャッチ)

内容

老朽化した外副管は、道路陥没の原因となることがあります。また、従来の内副管は、サイズが大きく維持管理スペースが狭くなる等の課題がありました。
そこで、「スマートキャッチ」は、コンパクトな構造により、内径60㎝の鉄枠から搬入でき、旧型の内副管より占用面積を小型化したためマンホール内での作業空間が広がり維持管理が容易になりました。
また、汚水の飛散を抑制してスムーズな流れを確保するなど、集水性・掃流性に優れているため、ラード等の異物が付着しにくく汚水の滞留を防ぎます。

実績
平成29年度末までの施工実績として、全国で3,088か所の施工実績があります。
本技術は、(株)クボタケミックスとの共同開発です。
お問い合わせ先
管路部 管路第三課
TEL.03-3241-0723
各種インデックスメニュー
  • お客さまサービスを 最前線で支えています
  • 処理施設の運転・管理を 支えています
  • 環境負荷低減に 貢献しています
  • 再構築・改良事業を 支えています
  • 下水道の 未来を築きます
  • 世界の水環境改善に 寄与します