技術開発事業

オメガライナー工法

内容

断面をΩ(オメガ)型に折り畳んだ形状記憶塩化ビニル管を、老朽化した既設管内に引き込み、蒸気加熱により円形に復元させ、圧縮空気で既設管に密着させて更生管(自立管、ライニング管)を築造する工法です。

【工法概要図】


形状記憶塩化ビニル管

管の更生(施工後)

仕様
適用管径(既設管) RⅠ(自立管):φ150~400
RⅡ(二層構造管):φ200~450
Ln(ライニング):φ150~450
曲がり 10゜以下
最大施工延長 60~120m(管径による)
耐震性能 レベル1地震動において設計流下能力を確保
レベル2地震動において流下機能を確保
既設管追従性有り
実績
平成27年度末までの実績として、国内延長:343kmにまで至っています。
お問い合わせ先
技術部 土木技術開発担当
TEL.03-3241-0960
日本SPR工法協会
TEL.03-5209-0130
各種インデックスメニュー
  • お客さまサービスを 最前線で支えています
  • 処理施設の運転・管理を 支えています
  • 環境負荷低減に 貢献しています
  • 再構築・改良事業を 支えています
  • 下水道の 未来を築きます
  • 世界の水環境改善に 寄与します