下水道施設見学者対応事業

砂町水再生センター

砂町水再生センターは、昭和5年に稼働した東京で2番目に古い水再生センターです。砂町処理区は、隅田川と荒川に囲まれた通称江東デルタ地帯で、墨田区の全部、江東区の大部分、中央・港・品川・足立・江戸川区の一部からなる広大な区域(6,153ヘクタール)から発生する下水を有明水再生センターとともに処理しています。

おひさま広場

正門を入った左側の「おひさま広場」には、せせらぎ等、ビオトープがあります。また、「新砂大滝」の前には処理水を循環利用した池があり、コイなどが泳いでいます。

桜を観る会

センターでは、桜の開花時期にあわせ、桜を観る会を開催し、地域の皆さまに楽しんでいただいています。

新砂運動場

東陽系水処理施設の上部空間は、周辺との環境の調和及び福祉の向上を図るため、運動場や広場などを設け、江東区の新砂運動場として地域の皆さまに開放しています。

案内図

アクセス

所在地
〒136-0075 東京都江東区新砂3-9-1
電話:03-5632-2180
交 通
東京メトロ東西線「南砂町」駅東口から徒歩15分
施設見学申込・受付窓口
電話受付:03-3241-0944(平日の午前9時から午後5時まで) インタ-ネット受付はこちら
各種インデックスメニュー
  • お客さまサービスを 最前線で支えています
  • 処理施設の運転・管理を 支えています
  • 環境負荷低減に 貢献しています
  • 再構築・改良事業を 支えています
  • 下水道の 未来を築きます
  • 世界の水環境改善に 寄与します