技術開発事業

コンパクトシールド工法

平成14年度 土木学会賞「技術開発賞」受賞
内容
本工法は、専用に開発した「4分割3ヒンジ構造のインバート溝付き二次覆工一体型セグメント」、「後方設備内包型3分割シールド」、「ガイドローラー付きタイヤ式無操舵搬送システム」により、セグメント組立時間の短縮、二次覆工工程の削減、掘削断面積の縮小、容易な管内歩行、管内洗浄効果、シールド機の転用、軌条設備が不要など、従来のシールド工法に比べてより一層のコスト縮減、工期縮減、環境負荷の低減を実現でき、さらに将来の維持管理も視野に入れた画期的なシールド工法です。

コンパクトシールド工法用マシン
特徴

・セグメント

4分割3ヒンジ構造
溝付きインバート二次覆工一体型セグメント

・シールド

後方設備内包型3分割シールド

・坑内搬送

ガイドローラ付きタイヤ式無操舵搬送システム

・セグメント供給・組立

坑内の限られた作業空間においてセグメントの供給と組立をスムーズに行うことができるシステム

① セグメント供給システム

②セグメント組立システム

仕様
本工法は、仕上がり内径1800mm、2000mm、2400mm、2600mmを標準とし、シールド性能、セグメント構造等の規格化を図っております。また、規格化することで本工法のレンタル化もしています。
実績
平成27年度末までに、国内工事において27件の施工実績があります。
お問い合わせ先
技術部 土木技術開発担当
TEL.03-3241-0960
各種インデックスメニュー
  • お客さまサービスを 最前線で支えています
  • 処理施設の運転・管理を 支えています
  • 環境負荷低減に 貢献しています
  • 再構築・改良事業を 支えています
  • 下水道の 未来を築きます
  • 世界の水環境改善に 寄与します