技術開発事業

地中支障物対応型掘進機を用いた工法(DO-Jet工法®)(DO-Jet Method®)

第14回(平成24年度)国土技術開発賞 優秀賞受賞
内容

DO-Jet工法は、非開削で地中支障物に対応できる工法です。
機能としては、支障物の位置・形状を把握する前方探査システム、支障物防護や周辺構造物防護を目的とした超高圧地盤改良システム、地中に存置されている鋼材や木杭を取り除く切断・除去システムがあります。これらシステムの稼働は、推進機やシールド機の先端に装備したノズルから超高圧ウォータージェットを噴射して対応します。

DO-Jet工法フロー(イメージ)


高圧ジェット水噴射状況

地盤改良体造成状況

特徴

DO-Jet工法の特徴である3つのシステムの概要を以下に示します。

1)前方探査システム

支障物の位置を確認するために、シールド機・推進機内から超高圧ジェット水を噴射(100MPa)して物体(残置支障物など)にあたった時に発生する反射音を計測して分析することで支障物の種別、位置及び形状などの状況を把握するシステム。

2)超高圧地盤改良システム

対象物を安全・確実に切断するため、支障物の切断前にセメントミルクと珪酸ナトリウム溶液の混合剤をシールド機・推進機内から超高圧ジェット(地盤改良ジェット245MPa)により噴射し、地盤改良体を造成することによって、周辺地盤の安定や既設構造物の防護を図るシステム。

3)切断・除去システム

研磨材を加えたアブレシブスラリーと珪酸ナトリウム溶液の混合剤をシールド機・推進機内から超高圧ジェット(アブレシブジェット 245MPa)により噴射し、H型鋼、鋼矢板などの鋼材や巨礫を切断し、細断した支障物等を機内に回収するシステム。
仕様
地中支障物野切断・除去、既設管の地中接合、急曲線区間の地盤反力強化などに適用でき、シールド機・推進機に搭載可能。
実績
平成27年度末までの施工実績としては、国内全国で下水道、水道、地下鉄等の推進、及びシールド工事にて完了工事24件である。
お問い合わせ先
技術部 土木技術開発担当
TEL.03-3241-0960
DO-Jet工法研究会
TEL.03-3278-6778
各種インデックスメニュー
  • お客さまサービスを 最前線で支えています
  • 処理施設の運転・管理を 支えています
  • 環境負荷低減に 貢献しています
  • 再構築・改良事業を 支えています
  • 下水道の 未来を築きます
  • 世界の水環境改善に 寄与します