技術開発事業

レーザ光式汚泥濃度計

内容
光源にレーザー光を用い、配管内を流れる汚泥の濃度を直接的に連続で測定するものです。レーザー光の反射を利用することにより、汚泥性状の影響を受けにくく、維持管理が容易で、測定精度が高いという利点があります。
特徴
1) 汚泥性状の影響を受けず、連続測定が可能で、各種汚泥濃度制御に活用することができます。
2) 点検整備のためのバイパス配管を必要としないため、省スペースでコンパクトに設置できます。
3) センサー部の小型化と受光部の洗浄配管により、精度向上と点検周期長期化を実現しています。

【レーザ光式汚泥濃度計】



検出器仕様
測定範囲 0~5%
流体温度 0~50℃
精度 ±4%FS以内
使用電源 DC 24V
周辺環境条件 温度 0~40℃
湿度 5~85%RH(結露ないこと)
変換器仕様
伝送出力 DC 4~20mA, 600Ω以下
使用電源 AC100V±10%, 50/60Hz
消費電力 約40VA
周辺環境条件 温度 0~50℃
湿度 20~90%RH(結露ないこと)
実績
平成29年度末までの設置実績として国内累計128台
お問い合わせ先
技術部 設備技術開発担当
TEL.03-3241-0961
オルガノ株式会社
TEL.03-5635-5180
各種インデックスメニュー
  • お客さまサービスを 最前線で支えています
  • 処理施設の運転・管理を 支えています
  • 環境負荷低減に 貢献しています
  • 再構築・改良事業を 支えています
  • 下水道の 未来を築きます
  • 世界の水環境改善に 寄与します